日常生活

【踏切事故防止キャンペーン】ふだんから みようきっちり 事故防止

踏切事故防止キャンペーン

こんにちは!

けんぶ(@kenb_log)です。

写真は通勤中の駅で受け取ったポケットティッシュです。

踏切事故防止キャンペーン

を今週していることを知り、標語を考え、記事にしました。

私も何かの役に立てればとの思いがあったからです。

【自作標語】

普段から 見ようきっちり 事故防止

だんから ようっち 事故防止

この標語には、下記の3点の気持ちを込めました。

  1. 踏切を渡る時、必ず周囲の確認をしよう
  2. 踏切付近にいる時、閉じ込められた方がいないか注意しよう
  3. 普段よく通る踏切の非常ボタンの有無や位置、連絡先の記載有無を確認しよう

①踏切を渡る時

踏切を渡る時、私は自分自身で確認することを心掛けています。

具体的には、次のような3点です。

  • 左右を確認して列車が来ないことを確認する
  • 前後を確認して前方が渋滞で込み合ってないか、後方から急いで渡ろうとしている方がいないか注意する
  • 見るだけでなく、音や声でも確認する

遮断機が上がっている状態でも、意識して左右を目視し、自分自身で列車(電車)が来ていないことを確認します。

あなたはご自身で確認なさっていますか?前の人や車が進んでいるから、とそのままついて行ってませんか?

万が一、踏切が故障している場合を考えて、私は自分自身の目と耳で必ず確認しています。

前の車が進んでいるから自分も進んで大丈夫だろう

遮断機が上がっているから大丈夫だろう

という自分に都合の良い判断をしていると、事故や万が一のトラブルに巻き込まれやすくなります。

②踏切付近にいる時

踏切付近は事故が発生しやすいです。自分自身のことだけでなく、周囲にも注意しましょう。

具体的には、

  • ご高齢の方や小さなお子さん、お体の不自由な方などがいらっしゃらないか
  • 無理な渡り方をしようとしている方がいないか

などが注意点です。

普段から意識していれば、声をかけたりすることで未然に事故の発生を防止できます。

③普段よく渡る踏切を確認してみよう

踏切事故防止キャンペーンを知ってから、普段よく渡る踏切の確認をしました。

  • 非常ボタンの有無や位置
  • 緊急連絡先の記載の有無

あらかじめ確認して知っていれば、万が一、閉じ込められた方を見かけたり、事故が発生した場合、すぐ次の行動ができます。

踏切で遮断機が上がるのを待っている間に、一度確認してみましょう。

グーグルマップのストリートビューでも確認できる場合もあります。

 

まとめ

この記事では、踏切事故防止に関する自作標語の紹介をしました。

【自作標語】

だんから ようっち 事故防止

 

  1. 踏切を渡る時、必ず周囲の確認をしよう
  2. 踏切付近にいる時、閉じ込められた方がいないか注意しよう
  3. 普段よく通る踏切の非常ボタンの有無や位置、連絡先の記載有無を確認しよう

 

普段から 踏切の周辺をきっちりみて 事故の防止を図りましょう!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

けんぶ
けんぶ
参考になった、おもしろかったと思ったあなた!

ぜひ、このページのシェアをよろしくお願いします。

あなたの生活『グッと』サポート

 

今注目の新電力会社

私も申込しました!

シンプルにおトク!エルピオでんき【キャッシュバック実施中】

 

 

関連記事